本文へスキップ

CONCEPT

研究方針

電力システム研究室では、太陽光発電などの再生可能エネルギーを主な電源とする電力システムについて研究します。
電源が化石燃料や原子力から再生可能エネルギーに移ってゆくのに必要なことがらを検討します。


メッセージ

CEO

再生可能エネルギーの特徴は、電源が小規模で分散していること、
天気によって変動しやすいことです。
これらの電源をひとつにまとめ、安定した電力を供給するには
リチウムイオン電池などの貯蔵設備が必要です。
また、スマートグリッドのような通信技術の活用が必要になり
ます。
現在はスマートハウスが開発され、リチウムイオン電池が住宅に
組み込まれつつあります。
電源として太陽光発電システムをもち、家庭内の電気エネルギーを
管理するホームエネルギーマネージメントシステム(HEMS)が
開発されています。
さらに、電気自動車が各家庭に普及するのもそう遠いことではあり
ません。
新しい電力システムを構成するのはこのような一般住宅であると考えられます。基本的には、各家庭は小さな発電所と
みなすことができます。
この発電所が安定した電気を供給できるかどうかは、太陽光の変動と貯蔵設備の容量に大きく依存します。
本研究室では、気象データをもとに太陽光発電の信頼度を調べています。実験による確認も行っています。
また、貯蔵設備であるリチウムイオン電池の特性を調べています。長期間にわたって電気の貯蔵と放出をする必要が
あります。
すべての住宅を電力システム全体に接続し一つの大きな発電所とみなすバーチャル発電所が考えられています。
非常に魅力的なアイデアです。
ここではスマートグリッドがその役目を果たすことになります。スマートメータやインターネットを介して情報を集め、そのデータに基づいて制御を行います。
需要に応じて発電機の出力を調整するのが主な仕事ですが、発電した電気は配電網を通って基幹系統へ流れていきます。
これまでと逆の流れであるため、電圧上昇や過負荷といった問題が起きます。また、料金の設定を変更することにより
需要を調整することも考えられます。
本研究室では、これらのことに関連してもう少し基本的な事柄を検討します。
たとえば、電力システムの一体性が保たれるかどうかといった問題です。
これは、従来の電源がなくなったところではそう簡単なことがらではないと考えています。

このような研究に興味をもたれた方はぜひ一緒に研究をしましょう。


研究室沿革

2008年
研究室発足
2017年
現在に至る
20**年
20**年